3. クラプラ山
1975年から1984年にかけての噴火で、溶岩が流れ出した跡が残る。