会社案内   教科書購入のご案内   お問い合わせ   著作物利用申請について   サイトマップ   採用情報   English
 

2017年度 2学期@号

高等学校 地理・地図資料
top

p.3掲載の「表紙写真解説」に関する授業での発問例と解答例です。

授業での発問例 解答例
@スマートフォンやパソコンにはどのような二次電池(充電式電池)が使われているだろうか?

→リチウムイオン電池及びニッケル水素電池。

A電気自動車にはどのような二次電池が使用されているだろうか?

→体積・エネルギー密度の高いリチウムイオン電池が,おもに使用されている。

B電気自動車の長所・短所は何だろうか?また普及の課題にはどのようなものがあるだろうか?

→長所:走行中においては,排ガスがなく,環境負荷が少ない。
短所:電気をつくる発電設備と,車に充電するスタンドが必要。急速充電には高圧の受電が必要である。リチウムイオン電池が高額であるため,電気自動車の価格が高い。航続距離が短く,現在はまだ充電スタンドが少ない。
普及の課題:コストの削減や充電スタンドの増設。

C電気自動車の普及が化石燃料の消費にもたらす影響は何だろうか?(ガソリンや軽油の需要,発電所で使用される天然ガス・石炭の需要の観点から考えよう)

→走行中においては,ガソリンや軽油を使わない一方で,発電用に使われる天然ガスや石炭の消費は多くなる可能性がある。

Dリチウムの生産地にはどこがあげられるだろうか?

→リチウムは,かん水によるものと,鉱石によるものがある。かん水によるものはチリのアタカマ塩地,アルゼンチンのオラロス塩地などで回収され,現地で精製される。一方,鉱石によるものは,オーストラリアやカナダの鉱山で採鉱され,おもに消費地に運ばれて精製が行われている。

Eかん水によるリチウムの生成にはどのような制約があるだろうか?

→蒸発池で,約1年間をかけて濃縮するなど,生産には長い時間が必要である。流れ込む地下水などによって場所ごとに成分が異なるため,成分濃度が均一に濃縮されるよう日々ケアを行う必要がある。

Fかん水からのリチウム生産に欠かせない気候条件は何だろうか?

→降水がほとんどない,成分を変える地質的要素がない場所が望ましい。過去に,蒸発池に雨や雪が降り,生産量が減少したこともある。


地理・地図資料2017年度2学期@号(2017年9月26日発行)表紙〜p.3「写真とめぐる旅 33 チリ」 〈編集部作成〉