会社案内   教科書購入のご案内   お問い合わせ   著作物利用申請について   サイトマップ   採用情報   English
先生のページ
 
小学校
小学校
中学校
高校
研究会だより
Home > 先生のページ > 手作り地図を作ってみよう > 全国で行われている地図作品展紹介
手作り地図をつくってみよう
全国で行われている地図作品展紹介(2014年度)
(以下、敬称略、順不同、学校・学年は2015年3月現在)

■ 札幌市児童生徒社会研究作品展
  開催地   北海道札幌市
  主催    北海道教育地図研究会 札幌市教育地図研究会

夏休みの社会科自由研究の作品を集めた地図作品展。主催団体の教育地図研究会では「地図を活用した授業」研究・実践を行っています。
形式にとらわれない作品や立体地図も見られ、北海道ならではのテーマの作品が多くあります。地図以外にも社会科新聞など、社会科に関わるたくさんの作品が集まっています。


「羆出没注意!! 札幌市
〜私の学区を中心とした目撃地点から共存するための柵設置を考える〜」
札幌市立大倉山小学校5年 柴田 礼歩
(国土交通大臣賞・国土地理院長賞)


「札幌市の今と昔」
札幌市立真駒内中学校2年 吉田 楓香
((一財)地図協会賞)
※写真をクリックすると拡大表示します。  このページのトップへ

■ 私たちの身のまわりの環境地図作品展(旭川市)
  開催地   北海道旭川市
  主催    環境地図教育研究会
  リンク   http://environmentalmap.org/

国内最大の規模を誇る地図作品展です。日本全国からの応募を受け付けているため、北海道以外の地域からの作品も多く、また近年では中国をはじめとする海外からの応募もある国際色豊かな地図作品展です。
環境地図教育研究会では、作品展の開催の他にも、北海道教育大学旭川校の学生が主体となって、「環境地図ワークショップ」などさまざまな企画を催しています。

「神楽地区の照度調査マップ 〜この街灯何ルクス(LX)?〜」
旭川市立神楽小学校5年 仲俣 亮佑
(国土地理院長賞)

「何!? このマンホール」
晃華学園小学校3年 大野 地咲子
(北海道教育大学長賞)

「レイクロブスターin江丹別川
移動させてはいけない高級食材」
北海道教育大学附属旭川中学校2年 
大懸 遼一郎・大懸 崇一郎
(IGU-CGE議長賞)

「犬のお散歩安全MAP 〜地上30cmのキケン〜」
筑波大学附属駒場中学校1年 水木 優之介
(国土地理院長賞)
※写真をクリックすると拡大表示します。
 このページのトップへ

■ 仙台市中学校生徒地図作品展
  開催地   宮城県仙台市
  主催    仙台市教育委員会 仙台市中学校社会科研究会

仙台市内の中学校生徒が作成した、彩色した地形図や立体地図模型が集まる地図作品展です。地形図の彩色は土地利用がわかるように彩色した「土地利用図」と等高線毎に色分けされた「高度分布図」に分けられています。
きれいに彩色された地形図や、緻密に作られた地図模型に驚かされる地図作品展です。


 「地図模型『三宅島』」
仙台市立上杉山中学校3年 佐藤 恵観
(仙台市長賞)

 
※写真をクリックすると拡大表示します。
 このページのトップへ

■ いばらき児童生徒地図作品展
  開催地   茨城県つくば市
  主催    いばらき児童生徒地図研究会
  リンク http://www.gsi.go.jp/MUSEUM/SAKUHIN/11sakuhin-11ibaraki.html   
 
茨城県の小・中学生の地図を集めた地図作品展です。クラスで協力して作成した校区の探検地図など、生活科や社会科の学習の取組みのなかで作られた作品が多く見られます。

「くらしを支える土浦用水」
つくば市立桜南小学校6年  池浦 美野里
(審査員特別賞・最優秀賞)


「ご近所Before After」
水戸市立緑岡中学校1年 猿田 葵生
(優秀賞)

※写真をクリックすると拡大表示します。
 このページのトップへ


■ 多摩市身のまわりの環境地図作品展
  開催地   東京都多摩市
  主催    多摩市身のまわりの環境地図作品展運営委員会

多摩市内の小・中学校から多くの地図が集まる地図作品展です。多摩市の全面バックアップで盛大に行われており、身近な地域の環境を丁寧に調査した労作が多い地図作品展です。

「多摩市小学校歌にみられる風景地図」
多摩市立北諏訪小学校6年 増田 詩南
((一社)地図調製技術協会長賞)

「真夏にさわるとやけどする? 注意マップ」
多摩大学附属聖ヶ丘中学校1年 山田 美羽
((一財)地図情報センター理事長賞)
※写真をクリックすると拡大表示します。
 このページのトップへ

■ とやまみんなの地図作品展
  開催地   富山県富山市
  主催    とやま地図作品研究会

富山県内の小・中学生を対象に、身のまわりの環境や地域の姿を地図にまとめることで環境や地域、地図に対する関心を深めることを目指した地図作品展です。地域マップや環境マップ、分布図など小・中学生の調査の成果がまとめられた充実の作品が数多く出展されています。

「五か山5つ星ガイドマップ」
南砺市立上平小学校 2年生一同
(審査員特別賞・
(一財)日本地図センター理事長賞)

「『富山マラソン2015』の楽しみ方指南書
〜参加するも良し 応援するも良し〜」
片山学園中学校2年 奥田 駿
(国土地理院長賞)
※写真をクリックすると拡大表示します。
 このページのトップへ

■ 児童生徒地図作品展(岐阜県)
  開催地   岐阜県岐阜市
  主催    岐阜県図書館
  リンク   http://www.library.pref.gifu.lg.jp/map/worlddis/jidouseito/jidouseito2.htm

岐阜県図書館内、世界分布図センターで開催されています。このセンターには、日本最大級の地図類の蔵書があり小学生から一般まで多くの人に利用されています。
岐阜県内の小・中・高校生が作成した作品は、模造紙約2枚分の大きな作品が多く、地図のまわりに調査データが緻密に書き込まれた内容・見映えともに充実している地図作品展です。

「迫る地震!! 〜身の回りの防災〜」
本巣市立席田小学校5年 棚橋 拓士
(岐阜県教育長賞)


「豆腐店 今昔物語」
岐阜大学教育学部附属中学校1年 杉山 阿依
(文部科学大臣賞・岐阜県知事賞)

※写真をクリックすると拡大表示します。
 このページのトップへ

■ 社会科児童作品展(滋賀県)
  開催地   滋賀県近江八幡市
  主催    滋賀県小学校教育研究会社会科部会

滋賀県内の小学生を対象とした比較的新しい地図展です。環境、安全、歴史、産業など幅広いジャンルの作品が集まっています。

「わたしの町 やくにたつ地図」
大津市立仰木の里東小学校3年 中村 都希
(国土地理院長賞)
 
※写真をクリックすると拡大表示します。
 このページのトップへ

■ 地域の安全安心マップコンテスト(京都市)
  開催地   京都府京都市
  主催    立命館大学歴史都市防災研究センター

小学生が保護者や家族、地域住民、教員らと一緒に地域の安全安心について調べ、マップを作成することで地域の安全安心に対して関心を持つことを目的に毎年9月〜12月に開催されています。

「“もしも”に備える
もしも賀茂川がはんらんしたらどうするの?MAP」
京都教育大学附属京都小中学校5年 石浦 咲月
(最優秀賞)
 
※写真をクリックすると拡大表示します。
 このページのトップへ

■ 神戸市小学校社会科作品展
  開催地   兵庫県神戸市
  主催    神戸市小学校教育研究会社会科部

2002年から神戸市小学校教育研究会社会科部の先生方の発案で開催されるようになった社会科作品展。毎年9月には小学生が興味・関心を持った社会事象を歴史的な視点や地理的な視点から、夏休み中にまとめたさまざまな社会科作品を展示しています。

「日本の地理と特徴について」
神戸市立西山小学校5年 村崎 樹
((一財)日本地図センター理事長賞)
※写真をクリックすると拡大表示します。
 このページのトップへ

■ あこう絵マップコンクール(赤穂市)
  開催地   兵庫県赤穂市
  主催    あこう絵マップコンクール実行委員会
  リンク   http://e-map.fksj.org

小学生の視点で赤穂のまちについて調べたことや感じたことを「絵マップ」にまとめることで、赤穂の魅力を再発見することを目的とした地図作品展。作品を展示だけではなく、制作者が来場者に作品の内容を説明する公開審査会も行っています。そのため毎年、赤穂のまちにさまざまな興味・関心を持った小学生の魅力的な作品が誕生しています。

「千種川きれいな水がつづくよマップ」
赤穂市立塩屋小学校4年 備生 遥貴
(優秀賞・国土地理院近畿地方測量部長賞)
※写真をクリックすると拡大表示します。
 このページのトップへ

■ 鳥取県児童生徒地域地図発表作品展
  開催地   鳥取県鳥取市 ほか県内3地区
  主催    鳥取県地域社会研究会

小・中・高の先生方がうまく連携し、盛大な地図作品展を毎年開催しています。鳥取県内の小・中・高校生による、地域を丹念に調べまとめあげた地図作品は圧巻です。先生方の適切な指導を受けた作品は郷土への愛情が強く感じられ、子どもたちの努力が伝わってくる地図作品展です。

「ぼくの町の地いきたんけんマップ」
鳥取市立湖山西小学校3年 筒井 友隆
((一財)日本地図センター理事長賞)


「屋根の向きって何と関係?
〜道路? 玄関? 方位? それともとなりの家?〜」
鳥取市立桜ヶ丘中学校
2年 岡垣 真奈、中村 広大、藤岡 優典
3年 谷口 稀星告
 ほか

※写真をクリックすると拡大表示します。
 このページのトップへ

■ しまね児童・生徒地図作品展
  開催地   島根県出雲市
  主催    島根地理学会
  リンク   http://homepage2.nifty.com/geo-shimap/

島根地理学会の主催で、2006年からはじめられた地図作品展です。中学校の選択社会科の授業で作った立体地図模型や水産高校の航海実習を表した海図など、独創的なアイデアにあふれる作品が多い地図作品展になっています。

「アジア地図」
大田市立久手小学校6年 松田 響希
(島根地理学会長賞)

「蓄光・便利マップ」
島根大学教育学部附属中学校2年 眞鍋 綾太
((一財)日本地図センター理事長賞)
※写真をクリックすると拡大表示します。
 このページのトップへ

■ 地図ならびに地理作品展(広島県)
  開催地   広島県広島市
  主催    広島県地理作品展運営委員会
  リンク   http://home.hiroshima-u.ac.jp/chizuten/index.htm

地図作品展のなかで最も歴史のある地図作品展です。広島県内の小・中・高校生がそれぞれバランスよく出品しています。小学生は身近な地域の絵地図、中・高校生になると地形図を彩色したものや立体地図模型など、それぞれの地図能力を活かした作品が多数展示されています。

「西国街道を歩いてみたら…
〜ぼくの家は昔、海の中だった?!〜」
広島大学附属小学校4年 濱田 倫慧
(国土地理院長賞)

「減り続ける僕の地域の田んぼと畑」
広島大学附属東雲中学校1年 伊藤 彰馬
(国土地理院長賞)
※写真をクリックすると拡大表示します。
 このページのトップへ

■ 児童・生徒の地図作品展(徳島県)
  開催地   徳島県徳島市
  主催    徳島地理学会
  リンク   http://www.naruto-u.ac.jp/~tatuoka/tgs/exhibition.html

徳島県内の小・中・高・大の先生方で組織されている徳島地理学会主催の地図作品展です。徳島県内の小・中・高校生が身近な地域に限らずさまざまなテーマで地図を作成しています。年々作品のレベルも高くなってきています。

「鮎喰川にかかる橋マップ
〜ぼくの町を流れる川をたどって〜」
徳島市加茂名南小学校6年 細井 康平
(徳島市教育委員会教育長賞)
 
「眉山はどこから見れば眉なのか?
ー眉山模型を作成して 一番いい眉の形に見える方向を探すー」
鳴門教育大学附属中学校2年 滝沢 隆介
(国土地理院長賞)
※写真をクリックすると拡大表示します。
 このページのトップへ

■ 大分市児童地図作品展
  開催地   大分県大分市
  主催    大分市小学校社会科研究会 社会部会

2007年度からはじめられた地図作品展です。身近な地域の地図だけでなく、九州全図・日本全図・世界全図などに調べたことをまとめてある作品も多く出展され、多様な地図作品を見ることができます。

「おんせん県おおいたの再生可能エネルギーマップ」
大分市立東稙田小学校5年 吉弘 梨七
(国土地理院長賞)
※写真をクリックすると拡大表示します。  このページのトップへ