会社案内   教科書購入のご案内   お問い合わせ   著作物利用申請について   サイトマップ   採用情報   English
世界・日本の写真
日本
地理写真の部屋
歴史写真の部屋
公民写真の部屋
写真撮影旅行記
 
写真で見る世界のようす (掲載写真の無断転載や引用、発行、出版物への使用はご遠慮ください)
アルジェリア
【2010年10月 写真撮影:帝国書院】
1. ガルダイア
世界遺産「ムザブの谷」の5つのオアシス集落で丘上都市の一つ。宗教戒律が最も厳格な都市。
2. ガルダイア
世界遺産「ムザブの谷」の5つのオアシス丘上都市の一つ。奥がミナレットを中心にした市街地の中心。
3. ガルダイア
世界遺産「ムサブの谷」のオアシス都市ガルダイア。頂上のモスク(ミナレット)を中心に形成される丘上都市。
4. ガルダイア
広場とスーク(市場)。広場ではいくつもの露店が出される。
5. コンスタンティーヌ
シディ・ラシド橋とコンスタンティーヌ市街。建設当時は「世界一高い石橋」といわれた橋で、市の中心部につながる。
6. コンスタンティーヌ
シディ・ムシド橋と市街。橋の幅5.8m、長さ164m、高さ175m、1912年のフランス統治時代に開通。右上にカスバ(城塞)のあったが、現在は軍の施設。
7. ガルダイア
ヌティッサ・ワジとナツメヤシ林。ワジは洪水に備え護岸工事されている。右手がベニ・イスゲン市街。
8. ティムガッド
ティムガッド遺跡(世界遺産)のトラヤヌス帝凱旋門。古代ローマの植民都市で、36区画の碁盤目状の計画都市。退役軍人とその家族のために建設された。
9. コンスタンティーヌ
中心部のマルティール広場。
10. ガルダイア
広場周辺のスーク(市場)。
11. ガルダイア
フォガラ(地下用水路)への水の引き込み口。それぞれのスリットは、別々のフォガラへの流入口になっており、水の流入先が管理できるようになっている。
12. アルジェ
ケチャワ・モスク(1209年建設)とカスバ(後方)。モスクは2本のミナレットをもつ。
13. ガルダイア
オアシス都市の屋根。
14. アルジェ
殉教者記念塔(マカーム・シャヒード)からアルジェ市街を望む。
15. コンスタンティーヌ
住宅地。
16. コンスタンティーヌ
エミル・アブドゥルカデル・モスク。アルジェリア最大のモスクで、近代的なイスラーム大学を兼ねる施設である。
17. コンスタンティーヌ
市場の様子。
18. コンスタンティーヌ北西郊外
ティディス付近の羊の放牧と農村地域。
19. バトゥナ北東方(50km)
アトラス高原に広がるゼムール塩原と塩田。
20. コンスタンティーヌ
街路の両側にはフランス統治時代の古い建物が多い。
21. エル・ミリア付近
テルアトラス山脈を超えて北側に抜けると、植生が多くなりオリーブ畑が広がる。
22. アルジェ
ノートルダム・ド・アフリクから望むバーブ・エル・ウエド地区 。
23. アルジェ
カスバ(世界遺産)の中の靴屋。
24. アルジェ
アルジェのカスバ(世界遺産)。狭い通路は迷路のように入り組む。
25. ガルダイア
南部名物のミントティーを供する人。
26. ジジェル
ベジャイア東方80km、市内のレストラン。アルジェリア北部の街では魚が多く食される。
27. アルジェ
国民食クスクス。小麦からつくられた微細な粒状パスタを蒸しあげたもの。ソースをかけて食べる。
28. アルジェ
地中海に面したカスバの麓には、フランス植民地時代に建てられた白い壁、青い窓の建物が並び、「白亜の街」と呼ばれる。