会社案内   教科書購入のご案内   お問い合わせ   著作権利用申請について   サイトマップ   採用情報   English
世界・日本の写真
日本
地理写真の部屋
歴史写真の部屋
公民写真の部屋
写真撮影旅行記
 
写真で見る世界のようす (掲載写真の無断転載や引用、発行、出版物への使用はご遠慮ください)
トルコ
【2005年8月 写真撮影:姫野憲幸】
1. イスタンブール
オスマン帝国のスルタン・アフメト一世によって建立されたブルーモスク。現在は、博物館として一般の人々に解放されている。
2. ボスポラス海峡 3. イスタンブール
バザールのようす。
4. トロイの遺跡
この周辺は肥沃な平野となっている上に、ダーダネルス海峡の入口で繁栄の条件をもっていたため、紀元前3000年〜紀元400年までにいくつもの都市が同じ場所に重なるように建設された。
5. トロイの遺跡
トロイの最盛期は紀元前1700年〜紀元前1250年の間で、トロイ第VI層の時代であると考えられている。
6. ペルガモン
アスクレピオン内部。ペルガモンはヘレニズム時代〜ローマ時代にかけて繁栄した。ここには山頂部にアクロポリスと平地に医療施設アスクレピオンの遺跡がみられる。
7. ペルガモン
アクロポリスの劇場の跡。ペルガモンはヘレニズム時代〜ローマ時代にかけて繁栄した。ここには山頂部にアクロポリスと平地に医療施設アスクレピオンの遺跡がみられる。
8. ペルガモン
アクロポリスの劇場の跡。ペルガモンはヘレニズム時代〜ローマ時代にかけて繁栄した。ここには山頂部にアクロポリスと平地に医療施設アスクレピオンの遺跡がみられる。
9. エフェソス
マーブルストリート(中央通り)のハドリアヌス神殿。
10. エフェソス
ケルスス図書館。エジプトのアレクサンドリアの図書館と並ぶ古代の大図書館であった。
11. パムッカレ
パムッカレはヒエラポリスの下流部にあたる。石灰成分を多量に含んだヒエラポリスの温泉水がこのような石灰棚を形成した。
12. パムッカレ
パムッカレはヒエラポリスの下流部にあたる。石灰成分を多量に含んだヒエラポリスの温泉水がこのような石灰棚を形成した。
13. ヒエラポリス
古代の温泉場。現在は温水プールとして使用されている。
14. スルタンハニ
キャラバンサライ(隊商宿)入口。スルタンハニはかつてのシルクロードの一部で、当時のキャラバンサライが完全な形で残っている。
15. カッパドキア
トルコ絨毯を織る女性。絨毯はステップや砂漠などの乾燥地域の人々が敷物として使用するために手織りで造られた。特にトルコの絨毯は良質なものとして有名である。
16. カッパドキア近郊
ウチヒサールの三人姉妹の岩。火山の噴火堆積物(凝灰岩や火山礫、火山灰など)が侵食されて独特な地形が形成されている。
17. カッパドキア近郊
ギョレメ野外博物館。火山灰質の凝灰岩をくり抜いた教会内部の壁画。
18. カッパドキア近郊
ゼルベ野外博物館。
19. カッパドキア近郊
ゼルベ野外博物館とブドウ畑。
20. カッパドキア近郊
アナトリア高原の麦畑。
21. ハットゥシャ(ボアズキョイ)
ヒッタイトの遺跡。街の外側よりライオン門(上の街区)を撮る。
22. ボスポラス海峡
海峡沿いのルメリ・ヒサール。
23. イスタンブール
アヤソフィア寺院。アヤソフィア寺院をマリアとキリストにプレゼントするビザンツ皇帝のモザイク画。
24. スルタンハニ近郊
牛糞を固めた燃料。