会社案内   教科書購入のご案内   お問い合わせ   著作権利用申請について   サイトマップ   採用情報   English
世界・日本の写真
日本
地理写真の部屋
歴史写真の部屋
公民写真の部屋
写真撮影旅行記
 
写真で見る世界のようす (掲載写真の無断転載や引用、発行、出版物への使用はご遠慮ください)
アイスランド
【2008年8月 写真撮影:二瀬賢治郎】
1. 内陸山地トレッキングの拠点
ランドマンアロイガル。ここまで来られるのは4WD車のみで、乗り合いバス(4WD)は1便/1日。後方はBrennisteinsalda山(840m)。
2. わたすげの大群生
ランドマンアロイガル。谷間にわたすげの大群生が見える。
3. わたすげ
ランドマンアロイガル。
4. ハイランド地帯
ヴァートナ氷河から流れ出る河川。
5. ミー湖
後方はSllandafjall山で、かつてはこの山頂以上に氷河が覆っていた。
6. ミー湖
中央左の白煙は、地熱発電所の水蒸気。
7. ハイランド地帯
この付近は広がるプレートの境目で、ギャウ(割れ目)が多く見られる。ギャウの中には温泉が湧き出ているところもある。
8. クラプラ地熱発電所
日本の技術協力によって建設された(発電量30Mw、2000m級井戸17本)。
9. カルデラ湖
クラプラ山中腹のカルデラ(1724年に噴火)。
10. クラプラ溶岩原 11. 溶岩の末端
このすぐ先にクラプラ地熱発電所がある。
12. 教会前まで押しよせた溶岩
1724年の噴火による溶岩は、ミー湖畔村の教会の前まで押しよせ、村は壊滅した。
13. ミー湖に流れ込んだ溶岩
溶岩はミー湖に流れ込み、湖の水はずべて蒸発した。
14. デディ・フォス
ヨークルス・アゥ・フィヨットルム川流域。デディ・フォス(幅100m、高さ44m、500m3/秒)はヨーロッパ最大といわれ、白濁した水と火山灰が混ざり、泥流のように見える。
15. U字谷
U字谷の牧草地帯。
16. 牧草を食べる馬
北部は馬の飼育がさかん。
17. ラウング氷河
氷河末端(F35号線)。
18. ツアーバス
日本では見られないツアーバス。
19. 伝統的な民家
伝統的な家は、防寒のため屋根に土を乗せ草を生やす。
20. 露天風呂

【2008年8月 写真撮影:帝国書院】
1. Nesjavellir地熱発電所 2. クヴェーラギェルジ
地熱を利用して栽培される観葉植物
3. 氷跡湖
氷河の後退でできあがった氷跡湖に浮かぶ氷河の断片(Jokulsarlon)
4. 火口列
5. ラキ火山
割れ目噴火の火口が直線状に並んでいる。
6. ラキ火山
割れ目噴火の火口が直線状に並んでいる。
7. 堤防
氷河下の火山噴火による大洪水に備えてつくられた。
8. ヨークルサルロン
9. ヨークルサルロン 10. 「ペルトラン」
温水貯蔵タンク(レイキャビク)
11. 観光船
水陸両用(Jokulsarlon)
12. 氷跡湖に浮かぶ氷河の断片
橋の向こう側が海(Jokulsarlon)
13. 氷河
氷跡湖に流れ出る(Jokulsarlon)
14. 氷河湖とモレーン
Skaftafell
15. モレーン
Skaftafell
16. 平原に流れ下る氷河
Skaftafell
17. ホフディハウス
1986年、レーガン・ゴルバチョフ会談(米ソ冷戦終結)が行われた(レイキャビク)
18. ブルーラグーン
観光客でにぎわうブルーラグーン(後方が熱源となる地熱発電所)
19. ブルーラグーン
泥パックを顔や体に塗る人々
20. ブルーラグーン
観光客でにぎわうブルーラグーン(後方が地熱発電所)
21. 14世紀の住宅
背後の絶壁が氷河の洪水を防ぎ、今に残った。今なお住人がいる(Nupsstadur)
22. 牧羊
Scogafoss
23. Gullfoss
川幅70m、落差32m
24. 滝上の虹
Gullfoss
25. 透き通ったブルーの氷
Jokulsarlon
26. 間欠泉噴出の瞬間
ゲイシール
27. 間欠泉噴出の瞬間
ゲイシール
28. シングヴェトリル
プレート境界の絶壁。シングヴェトリル国立公園は世界遺産に登録されている。
29. シングヴェトリル
プレート境界は窪地になり湖や川が流れる。
30. 水素ステーション
水素エネルギー車に給水素する様子(レイキャビク)
31. 水素ステーション
実験的に導入されている(レイキャビク)
32. Skaftafell
氷舌
33. Skaftafell
苔の生える広い平原が広がる。
34. Skaftafell
氷河の大洪水でできた広大な平原を国道が貫く。
35. 魚加工工場
中国やタイなどのアジア系出稼ぎ労働者(レイキャビク)
36. 魚加工工場の休憩室
数時間に一度休憩があり、各民族ごとのグループが談笑する(レイキャビク)
37. Scogafoss
氷河から溶け出した大量の水が落ちる(落差62m)
38. 氷河から流れ出る川 39. 住宅地
レイキャビク近郊
40. スシバー
レイキャビク

【2006年9月 写真撮影:帝国書院】
1. 国内南部、ゴールデンサークル
ギャオ
シンクヴェトリル国立公園内にあるユーラシアプレートと北米プレートの裂け目
2. 国内南部、ゴールデンサークル
ギャオ
シンクヴェトリル国立公園内にあるユーラシアプレートと北米プレートの裂け目
3. 国内南部、ゴールデンサークル
グトルフォス
「黄金の滝」の名を持つ、二段で落ちる滝。川幅70m、落差32m
4. 国内南部、ゴールデンサークル
ゲイシール
約5分間隔で、およそ30mの水柱を吹き上げる間欠泉
5. 国内南部、ゴールデンサークル
ケリズ火口湖
およそ3,000年前の噴火でできた火口に生まれた湖。高さ55m
6. 国内北部、ミーバトン湖付近
ゴーザフォス
西暦1,000年にキリスト教が国教になった際、ヴァィキング時代の神の像などを投げ込んだ滝
7. 国内北部、ミーバトン湖
「蚊の湖」の名を持つ。火山で流出した溶岩で川がせき止められてできた
8. 国内南部、ゴールデンサークル
世界初の民主議会の開催地
シンクヴェトリル国立公園内のギャオで西暦930年、世界初の民主議会が開かれたとされる。