インターネットを使うときには、いろいろと注意することがあるから、これからあげる5つの約束を守って楽しく使ってね。
 インターネットを使うときは、家族や学校の先生と相談してルールを作って、そのルールを守りましょう。
 個人情報(自分の名前や住所、電話番号、学校名、電子メールのアドレス、パスワードなど)を、知らない人には絶対に教えてはいけません。家族や友達の情報も、同じように、知らない人に教えてはいけません。どうしても教えなくてはいけない場合は、家族や学校の先生に相談しましょう。
 インターネットやメールで仲良くなったお友達に会うときには、家族といっしょに会うようにしましょう。家族がいっしょでないときは会わないようにしましょう。
 インターネットを使っていて、分からないことや困ったことがあったら、すぐに家族や学校の先生に知らせましょう。
 知らない人から送られてきた電子メールやファイルは、ぜったいに開けずに家族や学校の先生に相談しましょう。また、インターネットには間違った情報がある場合や、ウイルスがいる場合があるので、「おかしいな?」と思ったサイトには近づかないようにしましょう。

インターネットはだれでも参加できるので、世界中の多くの人々が利用しています。参加する人が自分の好きなことばかりしていたら、インターネットの社会にいろいろな問題が起きて、使えなくなってしまうかもしれません。だから、一人ひとりがルールやマナーを守ることが大切です。